不動産投資のマンション経営やアパート経営は儲かる?

マンション投資のしくみ
Share on Facebook
Pocket

不動産投資コラム見出し

マンション経営は儲かるの?

不動産投資において「マンションを購入し家賃を受け取る」という事は即ち「マンション経営をする」ということで、マンションのオーナーが入居者に部屋を貸し、毎月の賃料収入を得るという「インカムゲインを得る投資」となります。
家賃を受け取るスタイルは継続的に稼ぐ必要があるので経営の性質が発生し、物件を保有し続け同時に維持費用を支払うことも必要です。
その為、賃料を稼いでいくことは経営の側面を持ち合わせることにも繋がります。
その準備として、マンション購入前では周辺エリアの環境をチェックし、入居者が見込める場所を選定します。マンションを購入し保有した後では将来になっても入居者が集まってくるよう、リフォームするなど維持、管理に工夫を行います。
ちなみに、アパート経営に関しては建物1棟を取り扱うのが基本的なアパート経営の仕方となります。

マンション経営とアパート経営の違い

アパート経営は、上記のように建物1棟を取り扱うという事が一般的です。その為経年劣化などにより維持・管理のメンテナンスが必要になります。
アパートの場合は一般的には「土地+建物」を購入する為、最悪「土地が残る」ということが特徴です。不幸にも建物の資産価値が無くなってしまった、という場合においても土地は資産として残ります。それに対し「ワンルームマンション経営」の場合は、土地の割合が非常に小さく、ほとんど残らないと言えるでしょう。

利回りが経営のポイント

マンション経営のポイントは「利回り」です。
投資した金額に対し、どれだけの利益が返ってくるか、ということです。
もし5000万円の物件価格の家賃収入が500万円だとしたら利回りは10%ということです。
当然、空室が出れば利回りは下がってしまいます。
また、老朽化などにより入居者が減ったり、あるいは家賃を下げたりしても利回りは減ってしまいます。
しっかりとマンションを管理して、マンションの価値を維持し、利回りを落とさないようにする事がマンション経営では大切です。

以上のことから、物件を保有してお金を稼ぐときには経営に繋がることを認識する必要があります。
利益を出し続けるためにも、経営に必要な知識やノウハウを獲得することが求められます。

Share on Facebook
Pocket