初心者でもわかる不動産投資・・・特徴を解説!

不動産投資の特徴
Share on Facebook
Pocket

不動産投資コラム見出し

不動産投資とは?

現代のサラリーマンは、常に不安を抱えています。
貯金も少なく、定年後の年金暮らしでは生活不安・・・。将来、老後が不安という悩みを常に持っています。
ということで、アパートやマンションなどの不動産を購入し、毎月の家賃収入を得る(インカムゲイン)、あるいは売却した時の利益を得る(キャピタルゲイン)・・・ということが注目されています。
これが「不動産投資」です。

初心者でもわかる不動産投資の特徴

不動産投資は100万円単位の少額資金からできて、住宅ローンも利用でき、毎月の家賃収入から毎月その返済に充てることも可能となっています。
借金をして不動産を購入し、家賃収入も返済に充てる、という事も可能です。
物件選びでは新築マンション、中古マンション、戸建てやアパート物件の中から選べ、長期に渡って行う必要があります。
ただ空室リスクから見ると立地などで都心などの物件を選ぶ必要があり、築10年を経過した物件の場合はリフォームを行う必要もあります。その為に初期には色々と経費がかかって来ますので、始めてから10年前後でやっと利益が出て来る、ということもあります。(借入金の利子、修繕費、管理料、税金 などの「運用支出」があります。)
ワンルームの場合には都心で主要な駅から近く、利便施設が周辺にあるということが条件になっています。一戸建て賃貸は物件が出ても需要が多い為にすぐに決まってしまうという特徴があります。
毎月の賃料収入と売却利益を得ることが出来ますが最終的にはこの段階で判断されることになります
基本的に不動産投資は、株などの金融商品に比べるとリスクが低く、家賃収入という安定した収入が長期にわたり期待できるというお勧めの投資です。

不動産投資-男-gif

Share on Facebook
Pocket