不動産投資とは?資産運用のポイント

不動産投資コラム見出し
Share on Facebook
Pocket

不動産投資で資産運用」

不動産投資とは、利益を出し、得る目的をもって不動産に投資することをいいます。
例えば不動産(マンションなど)を人に貸し家賃収入という利益(インカムゲイン)を得る、
または不動産を購入し、購入時と売却時の差額の利益(キャピタルゲイン)を得る。
このようなものが不動産投資です。
しかし、利益を得られることが出来る反面、損失のリスクがあることも忘れてはいけません。
不動産価値の上昇により利益が大きくなる事もあれば、空室などで家賃収入が思うように増えないことも有ります。
このように、リスクが伴うことを踏まえて投資をする事が大切です。

インカムゲインのしくみ

図:「インカムゲインのしくみ」

キャピタルゲインのしくみ

図:「キャピタルゲインのしくみ」

不動産投資は新たな資金運用先」

不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」と言われ、低金利で預貯金が期待できない状況の中で注目を集めています。
「ミドルリスク・ミドルリターン」とは、「投資した資産が返って来ない可能性が多少あるが、投資した分の利益がきちんと得られる
可能性も十分にある」という事です。
投資をするにあたり、「リスク最小限に抑える」というのは基本的なことです。
大きな損失の危険性が少ない状態で、一定の家賃収入のある不動産投資は魅力的です。
このことから、これまで株式投資をしてきた人も不動産投資に注目し始めています。

不動産投資はすぐに始められます」

不動産投資では、上記に挙げた「インカムゲイン(不動産の賃料収入など)」と、「キャピタルゲイン(不動産の売却益)」
があります。
賃料の収入については、入居者がいる間は、毎月一定の収入が見込めるというメリットがあります。
また、必ずしも大金が必要な訳ではなく、例えば全てローンで始めるという事が可能なことも、サラリーマンなどに人気の秘密です。
さらに、管理業務を代行業者に依頼することも可能です。
定年を迎えた後、などではなく、バリバリ働いている会社員のうちから不動産投資を始め、資産を増やしていく、
という人生設計が可能となります。

マンション・不動産-gif

Share on Facebook
Pocket