不動産物件選びのポイントは資産価値!見極めポイントを解説!

不動産投資コラム見出し
Share on Facebook
Pocket

資産価値の見極めポイント

不動産投資の為に不動産を購入しようと思っている方へのアドバイスとしましては、
「資産価値がある物件を選ぶことが大切」ということが言えます。
資産価値のある人気の場所は、駅から近い場所、商業施設や学校、スーパーやコンビニ、医者が近い場所・・・などです。「便利」であることが、高い資産価値のひとつの目安です。
生活利便性の高いエリアに人は集まり、利便性の低い不便な場所は徐々に人が離れていきます。
また、利便性は低くても「車での通勤がしやすい所」であれば、住みたい方が多くいて資産価値は高くなります。
また、「安全性」も見極めポイントとなります。治安が悪い所より、治安の良い安全な地域のほうが住みやすく、人気も高くなります。しかし、利便性の高いエリアは治安の良くないエリアもあります。その点の見極めも必要です。

賃料水準の高い不動産

他のポイントとしては、その地域の「賃料水準」によっても判断できます。
賃料水準が高ければ、人気があり、便利で安全で資産価値の高い物件なのだと推測できます。
昔から、人々が住みたいエリアは賃料が高くなっています。
このような情報は不動産会社に相談する事をお勧めします。
経験豊かな不動産会社のスタッフにアドバイスを貰い、将来安心して暮らせたり、投資が成功するような物件を選びましょう。物件選びには初期段階でいろいろな情報が必要です。いい情報をしっかりと共有できるシステムがあると安心ですね。

不動産物件選びのポイント

その他の不動産物件選びのポイントとしては、まず物件のエリアを絞り込んだ上で
「換金性(売りやすさ)」
「収益性」

などを確認する事が必要です。もちろん物件ごとにその物件の状況のチェックも怠ってはいけません。

不動産管理会社にお任せ

初心者の方は「不動産投資」と聞くと「お金がかかる」「難しい」と考えてしまう傾向にあるかもしれませんが、サラリーマンのお給料で投資できる物件も多数ありますし、面倒な手続きも、不動産管理会社に任せられますし、空室リスクも回避できます※サブリース)。困った事やわからないことがあっても、不動産管理会社は丁寧に説明してくれます。疑問があれば遠慮なく質問しておきましょう。
そのような環境のおかげで最近では不動産投資をするサラリーマンも増えています。
不動産物件を購入の際は様々な情報を集めて総合的に判断しましょう。
冷静に「資産価値を見極める目」が、不動産投資においては大切です。

マンション2

Share on Facebook
Pocket