沖縄の住まい・物件はどんな感じ?・・・「中村家住宅、台風対策」

沖縄不動産投資NAVI
Share on Facebook
Pocket

中村家住宅

「沖縄の民家」という話の場合、まず「中村家住宅」が挙げられると思います。
「中村家住宅」というのは、国の重要文化財に指定されている歴史的建造物の民家です。
沖縄の住居建築の特色が全てある住宅で、沖縄の代表的なものです。
屋根はは赤瓦が使用されていて、屋根の上にはシーサーがあります。
屋根の重い瓦、琉球石灰岩で出来た石垣、そして防風林のフクギなどがあり、それは台風に備えてのものです。

沖縄の一般的な家の場合は平屋建てが多く、非常に高さが低いです。
屋根の構造も平べったく低く作られております。これも勿論「台風」の強風対策です。
沖縄の伝統的な家では、距離の近い中国の影響で風水が重要視されていると言います。
南東が最も良い位置、北西が最も悪い位置とされているようです。

okinawa9

近年の沖縄の民家はコンクリート造りです。コンクリートで作られていながらも、デザインは沖縄
ならではのデザインを取り入れているようです。
例えばシーザーがあったり、家が石垣で囲まれ防風林があったり。

ごく最近の沖縄の民家は鉄筋コンクリート製の頑丈な造りになっており、ごく普通の外見に見えます。
ただ、貯水タンクがあったり、米軍基地の騒音対策で窓が二十になっていたりと、沖縄ならではの特徴もあります。

沖縄には「外人住宅」というものもあります。
平面的で広い庭、シンプルな外観の家です。
これは外国人向けに作られた家なんだそうです。
しかし、日本人が住んでいることも多いのだそうです。

 

Share on Facebook
Pocket