不動産投資と株などの金融商品、どちらがお得?

不動産投資と株などの金融商品との違い
Share on Facebook
Pocket

不動産投資コラム見出し
不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンの投資

不動産投資と株式投資、どっちがいいの?」
という質問をよく耳にします。

不動産投資と他の金融商品を比較する前に、基本的に全ての投資(FX、株、アパート・マンション経営など)は、悪く言えば
「一種のギャンブル」という言い方もできます。
株やFXでは、失敗すると資産が一気にゼロになってしまうリスクもあります。つまり「ハイリスク・ハイリターン」と言えます。
しかし、不動産については比較的リスクが少ない投資の部類です。
その理由としては、不動産投資は担保を提供できるということが挙げられます。
アパート・マンション経営の不動産投資では、例えば土地と建物を購入した場合、財産として残りますし、借金については家賃の収入からローンを返済していったり、いざとなったら土地や建物を売却してローンの返済に充てることも可能です。
未来の予測が難しい株式などの投資と違い、ある程度の収益やリスク回避があらかじめ見込まれるのが不動産投資なのです。
このように、「不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンの投資」といえます。

不動産投資と銀行預金

他の金融商品として、「銀行預金」があります。銀行預金は実際、ほとんどリスクがありません。
しかし現在、金利はかなり低く、大きな利益は見込めません。
いわば銀行は「ローリスク・ローリターン」といえます。

効率・期間の違い

また効率面やかかる期間については、不動産投資より株式投資が圧倒的に手軽です。
株式投資は、ほんの数分で利益(あるいは損失)が確定します。
しかし不動産投資は、購入や手続きをし、その後賃料などで収益を得るまで数ヶ月、数年かかってしまいます。
また、売却をする際にも、購入希望者が見つかり売却、現金化までには時間がかかります。
さらに銀行預金ですと、金利が少ないので利益が出るまでにはさらに時間がかかります。

不動産の資産価値を上げる

不動産投資では、不動産を購入してただ受身で利益を待つのではなく、自身で資産価値を上げることも可能です。
オフィス用から住居用に変えたり、マンションの内装を変えたり、バスやキッチンなどの設備を良くするなど、
コストをかけていくことができます。このように不動産投資では、自分の手を加えて資産価値を変えていくことが可能です。

やはり、リスクを少なくして安全に、安定した収入を得たいというようでしたら、不動産投資が良いということになりますね。

Share on Facebook
Pocket