不動産投資ローンを組む時の注意点と住宅ローンとの違い

不動産投資コラム見出し
Share on Facebook
Pocket

不動産投資ローンとは?

不動産投資ローンとは、マンションやアパートなど、投資用不動産の購入金額を、銀行などの金融機関から融資して貰うことです。不動産投資の為ローンを組む際には、是非注意して頂きたいことがあります。
と言っても、お金を借りること自体は特に問題がありません。なぜなら、金融機関からすればそこに「物件」という担保があるからです。そもそもお金を借りられないという事は少ないでしょう。注意しておきたい事というのは、
「借りたお金を返すときに、利息部分は経費として計上できますが、元本部分は経費として計上できない」
という点です。特に働きながら副業として物件を所有している場合には注意が必要です。
所得税や住民税は利益に対して課税されますので、キャッシュフローとは無関係です。返済に充てて手元に現金が残っていない場合でも、元本部分が経費計上できないので帳簿上は黒字額が大きくなり、結果として所得税や住民税の金額が大きくなってしまう場合があります。
事前にしっかりシミュレーションをして、税金の事も十分考慮に入れて返済計画を立てるべきですので、注意しておきましょう。

住宅ローンと不動産投資ローンの違い

住宅ローンと不動産投資ローンの違いは、以下のようなものです。
不動産投資ローンの方が住宅ローンより審査が厳しい
・審査の基準が違う
・金利が違う(住宅ローンのほうが低金利)

不動産投資ローンは「マンショ(アパート)経営という事業への投資」
という扱いになり、厳しく審査されます。
そして、その審査基準は「職業」や「年収」と言われています。

不動産投資ローンのデメリットは?

現金で購入した場合と比べた「不動産投資ローンのデメリット」は、「返済が厳しくなった時」どうするかということです。不動産投資ローンに限らず、こういう時は自己破産などをするしかありませんが、「空室などで収益が減る」という事はリスクとして考えておいたほうが賢明です。また、売却するにしても購入金額より売却金額が下回るということもありえます。

様々なことを考えて計画的に不動産投資ローンを組みましょう。

Share on Facebook
Pocket