不動産投資が生命保険に・・・その秘密は団信?

不動産投資コラム見出し
Share on Facebook
Pocket

団信とは?

不動産投資は生命保険代わりになる」という話があります。
その理由が「団信」です。団信は正しくは「団体信用生命保険」といい、住宅ローンを組んでいる人が死亡したりした場合、その住宅ローンを返済する為の生命保険のことです。
不動産投資ローンを組む時に団信に加入することができます。基本的に加入が必須となっています。住宅ローンを借りている人は、すでに団体信用生命保険に加入していると思います。2重に加入することができるかという疑問を持つ人も多いですが、団体信用生命保険はローンごとに加入することができます。物件を複数持っている人は、その物件ごとに団体信用生命保険に加入することも可能です。
団体信用生命保険に加入していなかった場合、万が一の事があった時に残された家族にローンを押し付けてしまいます。その負担を無くす為のものが団信です。
団体信用生命保険に加入していれば、万が一の時には保険会社が全て支払ってくれます。
住宅ローンを借りている人は、住宅ローンの団体信用生命保険によってローンの返済義務がなくなりますが、アパートローンのほうで団体信用生命保険に加入していなければ、アパートローンのほうが残ってしまい、結局破綻してしまうことになってしまうかもしれません。複数のアパートローンを組んでいるなら、そのローンごとに団体信用生命保険に加入することが重要です。死亡もしくは重度障害になったときに、返済義務がなくなります。

不動産投資は生命保険代わりになる?

なぜ、「生命保険代わりになる」かと言いますと、団体信用生命保険加入者が死亡する⇒保険会社がローンを全て支払う⇒ローンが無くなり土地とマンションなどの建物が残る⇒毎月の家賃収入が家族に支払われる
・・・という事になるから「生命保険に入っているようなもの」という訳です。

しかし、所有している不動産の規模によっては、家賃収入が少なく、残った家族を養えない場合もあります。その場合は生命保険にも加入したほうが良いですね。

Share on Facebook
Pocket